善言讃詞

夕拝では善言讃詞を奏上させていただいておりますが、儀式化、形骸化したものではないので、本当に神様と繋がってお力を頂くというのを意識して自分から神様に近づいていく様にとご垂示にもありましたが、この日々の積み重ねが大事であり、これからはメシヤ様との繋がりの太さがモノを言う時期だということで、しっかりとお力を頂く為にただ奏上するのではなくこういう意味を頂きながら少しでもお使い頂ける様にお祈りしたいものですね。

善言讃詞は、観音経を縮めたものである。

善言讃詞を奏上するやその周囲の霊界は大いに清まるのである。

【善言讃詞】

敬(うやうや)しく惟(おもん)みるに世(せ)尊觀(そんかん)世音(ぜおん)菩薩(ぼさつ)此土(このど)に天(あ)降らせ(もらせ)給(たま)ひ 光明(こうみょう)如来(にょらい)と現じ(げんじ)應身彌勒(おうしんみろく)と化し(かし)救世(めし)主(や)とならせ

観音様として先ず表に出られて、そして最後はメシヤ様という位にまで上がられる。この時が光の玉が宿った時(昭和25615)

*應身彌勒と化し・・偏らない、どんな事にも対応するという事。

大(だい)千三千(せんさんぜん)世界(せかい)の三毒(さんどく)を滅し(めっし)五濁(ごじょく)を清め(きよめ) 百千萬億(ひゃくせんまんおく)一切(いっさい)衆生(しゅじょう)の大念願(だいねんがん)

  光明常樂(こうみょうじょうらく)永劫(えいごう)の 十方(じゅっぽう)世界(せかい)を成(な)らしめて 五風十雨(ごふうじゅうう)の不順序(くるい)無く(なく)

吹く(ふく)風(かぜ)枝(えだ)も鳴らす(ならす)なき 五六七(みろくの)御代(みよ)を生み賜(うみたも)ふ 無(む)量無邊(りょうむへん)の大慈悲(だいじひ)に

大千世界の大の字は、宇宙全体という意味である。

大は火であり三は水であるとしたら、大は昼の世界であり三は夜の世界となるから、
仏教は夜で月の教えとしたら、今までは夜の世界であったから、三が上になっていてよかったのである。
本教は昼の世界の宗教である以上、大千三千世界というのが本当である。

三毒、五濁・・・三毒は貪、瞋、痴、五濁は劫濁(こうじょく・時のケガレ)、煩悩濁、衆生濁(悪人のケガレ)、見濁(種々の悪見を起す)、命濁(寿命が縮まる)

十方世界・・東西南北と、その間である東北、西南、西北、東南の八つを八方と言い、それに天地の二方を加えて、十方世界というのである、
つまり地球を中心とした方角を言ったものである。

◆天魔(てんま)羅刹(らせつ)も服(まつろ)ひて 諸悪(しょあく)邪法(じゃほう)は改(あらたま)り 夜叉(やしゃ)龍神(りゅうじん)も解脱(げだつ)爲(な)し 諸(しょ)善(ぜん)佛(ぶつ)神(しん)咸(ことごと)く其(その)志(こころざし)を   遂(と)ぐるなり 山(さん)川(せん)草木盡(そうもくことごと)く 世(せ)尊(そん)の威徳(いとく)に靡(なびか)ひて 禽獣(きんじゅう)蟲魚(ちゅうぎょ)の末迄(すえまで)も 悉(みな)其所(そのところ)を得ざる(えざる)莫(な)し

*「天魔羅刹」は仏語で天魔とは天の魔王とも魔神、悪魔ともいう。
羅刹は鬼のようなもの。
夜叉は女の悪魔という意味で、昔から外面如菩薩内面如夜叉ともいわれている。
鬼のような女をさしていったもの。

代表のお言葉                              火素が増量して来ると、火素によって曇りが解消される為に浄化が起こって来ます。これが大きくなって大浄化となり、その大浄化によって天魔羅刹が気付いて行くということです。このままの行り方では太刀打ち出来なくなるから、神様に服って行かなければならないという様に改心していくのです。

(省略)

◆仁慈(じんじ)の御胸(みむね)に抱かれん(いだかれん) 吾(われ)等(ら)が日々(ひび)の施業(せぎょう)にも妙(みょう)智(ち)を賜(たま)ひ眞覺(しんかく)を得さ(えさ)しめ家(いえ)は富栄え(とみさかえ) 壽(よわい)は永く(ながく)無醫(むいや)藥(く)に 善(ぜん)徳行(とくこう)を重ねさせ(かさねさせ)福聚(ふくじゅ)海(かい)無量(むりょう)の大功徳(だいくどく) 垂れさせ(たれさせ)賜(たま)へ座せ(ましま)と 念々(ねんねん)従(じゅう)心(しん)下座(げざ)頓首(とんしゅ) 跪伏禮拝(きふくらいはい)願(ねぎ)ぎ申す(まおす)

仁とは仁斉ですから、メシヤ様の大愛に包まれるということです。ご祈願で占められています。 

◆主之大御神守り給へ幸倍給へ

最高最貴の御神名を唱えさせていただきますという想念で(その想念に応じて光をいただけます) 頂けた瞬間に自分の魂の中に光が入っていき、そうすると魂から霊線を通じてその光が自分の繋がる人に流れてゆきます。

 

◆惟神霊幸倍坐せ

神様の御心のまにまにご神意通りに生活させていただきます。魂を大きく幸せにしていただけますように。

 

ご垂示

魂の大きさが問題なんだよ。良い悪いではなくて、大きい小さいが問題。

自分の小ささが分かるから神様に自分の魂を大きくしてくださいと心からお願い出来る訳で。

これが本当の生きた神様との対話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする